あゆくま、BiS、ベビレのスリーマンライブ「尊敬という名のGIG SP」に行ってきた

SHARE

アイドルパンクDJユニット・あゆみくりかまき主催のライブイベント「尊敬という名のGIG SP」に行ってきました。

会場は東京・Zepp Tokyo、出演者はあゆみくりかまきBiSベイビーレイズJAPANのスリーマンライブです。爆裂に楽しかったので少しでも伝わればとレポートを書きます。

「尊敬という名のGIG」とは

「尊敬という名のGIG」はあゆみくりかまき自主企画の対バンライブシリーズ。タイトル通り、あゆくまが尊敬するアイドル・アーティストを招いて行う対バンライブです。

これまでに7回開催されていて、今回で8回目。今回は「SP」と銘打ってこれまではツーマンだったところをBiSとベイビーレイズJAPANの2組をゲストに招いた初のスリーマン。

会場も含め過去最大規模のライブとなりました。SPってつけるだけあります。

ちなみに僕はあゆくま以外の2組をちゃんと観るのはほぼ初めて。BiSは今のメンバーは完全に初見、ベビレも観たことはあるものの、ガッツリ観たことはないです。そういう意味でも見所ありそうだなと楽しみにいざ会場へ。

まずはあゆくまDJセット

あゆくま主催ライブでは定番の「日曜日よりの使者」が流れ出し、いよいよ開演。

まずはあゆくまのDJセットから「尊敬という名のGIG SP」がスタートします。このDJセットがあるのがあゆくまのひとつの特徴。最近はあまりやらないのでこのレアな機会はめちゃめちゃ楽しみでしたね。

アイドルのライブとは思えない選曲でフロアを沸かしにかかるDJくりか。そして歌うたいあゆみ盛り上げ役まきが踊って煽って盛り上げてくれます。と思えば、大塚愛の「さくらんぼ」を流してまさかのにゃんこスターの振り付け。楽しいけど若干恥ずかしい(笑)。

終盤にはベイビーレイズJAPANの「虎虎タイガー!!」とBiSの「nerve」をプレイ。これは尊敬してるわ~。リスペクト~。

これはそれぞれのファンを巻き込んで大盛り上がり。ラストはWANIMAの「ともに」で大円団。最高に熱いDJでした。

ほぼMCなしで突っ走るBiSがカッコ良すぎ

続いて登場したのはBiS。これがもう抜群にカッコ良かった。

登場からラストまでほぼMCなし。ゲストで出るライブは自分たちを知らない人たちに、MCなり自己紹介なりでアピールするチャンスでもあると思うのですが、そんなことは関係ねえとばかりにただでひたすら歌い続けていました。

そんな姿にバンドに通じるカッコ良さを感じましたね。サウンドもかなり好みでちょっとハマりそうだなと。「WHOLE LOTTA LOVE」「NOT SPECIAL」とか普通にカッコ良すぎんか。アイドルらしからぬカッコ良さ。素晴らしいライブでした。

ロミオの心臓 / BiS-新生アイドル研究会-[OFFiCiAL ViDEO]

歌唱力が群を抜くベイビーレイズJAPAN

続いてはベイビーレイズJAPANの登場。BiSとは対照的なアイドル感のある衣装がコントラストを生んでまた良し。とはいえ曲は結構ゴリゴリの王道ロックサウンド。MCで「この3組は大きな括りでいうと同じだと思っている」と言っていましたが、確かにロック系中心の曲構成は3組に共通するところですね。

中盤にセンター林愛夏さんのアカペラで始まる曲があったのですが、これがまた歌唱力がすごい。ちょっと聴き入ってしまいました。

ラストは「夜明けBrandNewDays」。さすがに鉄板曲なのでめちゃめちゃ盛り上がりました。\イエッタイガー!!!/

BiSもそうですが、ベビレもちゃんとダンスの振り付けがついているので、それを真似する所謂「振りコピ」する楽しさもありました。

ベイビーレイズJAPAN「夜明けBrand New Days」【日比谷野音】

トリはもちろんあゆみくりかまき

尊敬GIGのトリはもちろんあゆみくりかまき。登場するやいなや「ナキムシヒーロー」でライブスタート。これにはちょっと驚きました。

この曲、これまでほどんどのライブで最後に演ることが多く、締め括りのエモい曲として人気なのですが、まさかの1曲目。そりゃテンション上がりますってば。

その後も「ジェットクマスター」「ゴマスリッパー」「反抗声明」「残像フラッシュバック」と立て続けにアッパーチューンを畳み掛けます。

BiSとベビレがあゆくまのリクエストに応えて、それぞれ「ロミオの心臓」「夜明けBrandNewDays」を披露してくれたとMCで話し、私たちもリクエストに応えてこの曲を、と歌ったのが「旅立ちの唄」

他の2組がこの曲をリクエストするというのはちょっと意外でしたが、個人的にも好きな曲だったのでこの選曲はうれしかったです。いい曲なんですよ。