待ち時間は?何秒話せる?乃木坂46の個別握手会に行ってきた

SHARE

どうも。ケンスです。先日、ついに!待望の!乃木坂46の個別握手会に!行ってきました!

思い返せば2018年の夏に突発的に乃木坂ちゃんにハマり、その後ライブにも初参加。となると次は握手会しか!ということで申し込んでおいた『22ndシングル「帰り道は遠回りしたくなる」発売記念個別握手会』

無事当選し、参加できることになったので2019年1月6日にインテックス大阪で行われた個別握手会に行ってきました!

僕にとっては初めての乃木坂の個別握手会。最高の時間だったのは言うまでありません。予備知識もあまりなく参加しましたが全く問題なく楽しめました。

初心者ファンの疑問としてよく耳にする「待ち時間の長さ」「握手できる秒数」など、初参加の場合に気になることもあるかと思いますがそのあたりも実際に体験してきました!

まだまだ乃木坂ファン初心者である僕の目線で現場で感じたことをお伝えしたいと思います!

個別握手会とは

乃木坂46の握手会には「全国握手会(全握)」「個別握手会(個握)」の2種類があります。

「全国握手会」はCDショップで売っているCDの初回仕様限定盤を買って、その中に封入されている「全国握手会参加券」を持って会場に行って握手をします。事前の申し込みは必要ありません。ちなみに当日の会場でもCDは売っているので手ぶらでも参加できます。ふらっと参加しやすいのが全握の良さ。

「個別握手会」はイベント応募サイト「forTUNE music」で販売している「forTUNE music限定個別握手会参加券付CD(通常盤)」に付いている「個別握手会参加券」が必要です。このCDは事前に購入の申し込みが必要で、しかも抽選なので必ず買えるわけではありません。あらかじめCD購入を申し込んで、その際に決めた会場・日時に握手をします。

全握に比べ、個握は参加するハードルが高めなのですが「握手の時間が長い」「握手列に並ぶ時間が短い」「メンバーの私服が見られる」などのメリットがあります。

詳しくは実際に申し込んだ時の記事がありますのでこちらをお読みください。

どうも。先日突発的に乃木坂46にハマってしまったケンスです。 いや〜乃木坂ちゃん。いいっすよね〜。毎週末の「乃木坂工事中」観てるだけで癒されますわ〜。 ハマってからというも...

個別握手会の持ち物

個別握手会に参加するには何はなくとも個別握手会参加券が必要。この券を持っていくのを忘れてはいけません。せっかく購入したのに無駄になってしまいます。すぐカバンに入れておきましょう。

ちなみに個別握手会参加券はこんな感じ。複数枚がくっついて送られてくるので切り取って使います。

裏面には注意事項が記載してあります。

握手券には参加する会場・日時・時間帯、握手するメンバーが印字されています。この印字以外の会場や時間帯、他のメンバーと握手することはできません。

また参加者の情報も印字されていて、会場で本人確認がされるので本人以外は参加できません。このように事前に全て決めておかないといけないのが個握のデメリットかもしれませんね。

さらに握手会当日、会場で本人確認があるので身分証明書も必要です。握手券があっても本人確認ができなければ参加できません。また印字されている情報と違う身分証明書はアウトです。

・個別握手券
・身分証明書

この2つは絶対必要!あとは楽しむ気持ちとメンバーへの感謝の気持ちがあれば!

個別握手会当日の流れ

個別握手会は開始から終了までを第1部から5部までに区切っていて、それぞれの部の時間内で握手会が行われます。またオフィシャルグッズを販売するエリアもあり、グッズや生写真を購入できます。

第1部 10:00~11:30(新規入場受付締切 11:00)
第2部 12:00~13:30(新規入場受付締切 13:00)
第3部 14:30~16:00(新規入場受付締切 15:30)
第4部 16:30~18:00(新規入場受付締切 17:30)
第5部 18:30~20:00(新規入場受付締切 19:30)

開場は9:00からとなっており、鍵開け(その部の1番目の握手)を狙う人や、グッズ・生写真目当ての人が早くから並んでいるようです。

今回申し込んだのは第3部〜第5部でしたので、昼過ぎくらい到着を目指して会場であるインテックス大阪に向かいました。

個別握手会は各部ごとで入れ替え制なのでそこまで早くから並ばなくてもいいです。これは全握よりいいところ。

ただ注意点として各部の入場受付締切時間が決められており、この時間を過ぎると入場できなくなるので気をつけてください。

会場に着いてから、握手会参加するまでの流れは以下のような感じ。僕が参加したインテックス大阪の場合ですので他会場は違うかもしれません。その点ご注意ください。

  1. 握手会会場に入場する待機列に並ぶ
  2. セキュリティチェックを受け入場
  3. 握手券を見せて握手会エリアに入場
  4. 握手レーンに並びIDチェック
  5. 握手券を渡し握手

今回のインテックス大阪の場合、握手会はインテックス大阪6号館Bゾーンで行われます。まずはここに入場するために並びます。最後尾にはスタッフが看板を持って立っていますのですぐわかると思います。

待機列の様子。

意外とサクサク列は進んでいきます。

並び始めて15〜20分ほどで6号館Bゾーン手前まで到着。

セキュリティチェックを受け入場

6号館Bゾーン手前ではセキュリティチェックを行っています。荷物検査と金属探知機によるボディチェックですね。

まずは荷物検査。鞄の中をくまなくチェックされます。飲み物を持ち込む場合はその場で一口飲んで安全性をチェック。また荷物は原則1人1つまでの持ち込みとなっているので注意しましょう。

次に金属探知機によるボディチェックを受けます。ササっと金属探知機で全身をチェックされます。当たり前ですがカッターナイフやハサミ等の危険物を持って入場はできません。

セキュリティチェックは数分で終了。2つのチェックを通過し、いざ6号館Bゾーンに入場します。

握手券を見せて握手会エリアに入場

6号館Bゾーンに入場し列を進むと、ようやく握手会エリアに着きます。ここでスタッフに握手券を見せてエリア内に入ります。入場してからエリア内に入るまでは5分くらい。

ここが実際に握手が行われる場所で、各メンバーがいる握手レーンがずらっと並んでいます。ここから自分が握手するメンバーのレーンに並び握手となります。

事前に公式サイトでも発表されていますが、どのメンバーがどのレーンにいるかは会場内にも案内がありますのでチェック。注意事項なども書かれていますので再度チェック。

握手レーンに並びIDチェック

握手するメンバーのレーンに並びます。この並びの途中にIDチェックをするところがありますのでスタッフに握手券と身分証明書と渡し、IDチェックを受けます。

握手券と身分証明書を照らし合わせて問題なければOK。さらに握手券の枚数を確認されます。1枚なら握手券に大きく①と書かれ、身分証明書と一緒に返してくれるので受け取ります。

あとで気づいたんですけど、握手券はまとめて使うこともできます。例えば同じ部・メンバーの握手券が5枚あれば、5回に分けて握手してもいいし、一度に5枚出して、5枚分の時間の握手をすることもできます。これ知ってたらもっと握手券買ってたな……。

IDチェックを通過し、さらに列を進むともう握手目前。ここら辺でワクワクドキドキが強まってきます。レーンに並んでから握手目前まで5分〜10分ほどでした。

握手券を渡し握手

さあいよいよ握手!まずは荷物をカゴに入れます。カゴはスーパーの買い物カゴタイプ。荷物を持った状態では握手はできませんのでここで一旦預けます。

ちなみに僕は帽子をかぶっていたのですがここで帽子を取るように言われました。帽子の中までチェックするとは意識が高い。帽子を取らなきゃいけないのかと思ったのですが、チェック後に帽子をかぶったまま握手するのは問題なかったです。

次にスタッフに握手券を渡します。ここで握手券に書かれた数字を見て「1枚ですー」と確認していました。スタッフはストップウォッチを持っていましたので、枚数で握手の時間を計っているんですね。

握手券を渡したら「手を見せてください」と言われチェックされます。「手」と言われたので手の甲か手のひらかわからず、手の甲を見せちゃいましたが、どうやら手のひらが正解のようです。

で、いよいよ待望の握手!メンバーが目の前にいます!

ほ、本物や!!!
かわいいぃぃ!!!

まさに夢のような時間。ですが一瞬で夢の時間は終わり「剥がし」といわれるスタッフにベリっと剥がされて握手終了。

その後は荷物を受け取って退場します。この時、大体の人がニヤニヤして出てきます。僕ももちろんニヤニヤしてたと思います。

グッズ販売・フリーエリア

握手会エリアとは別にオフィシャルグッズの販売を行うエリアが設けられています。今回であればインテックス大阪4号館。

ここにはグッズ売り場とともにフリーエリアもあります。フリーエリアなのでここで休憩したり好きに過ごすことができます。主には生写真のトレーディングが行われているようでした。こんな写真あるんだ〜とか見て回るだけでも楽しかったですね。

握手まで並ぶ時間

今回は3〜5部に参加しましたが、入場待機列に並んでから30分ほどで握手ができました。第5部になるともっと早く握手できたように思います。

握手会といえばめちゃめちゃ並ぶ!というイメージがありましたが、30分ほどだと全然苦にならなかったですね。列もサクサク進んでいました。

ただ、入れ替え制なので各部ごとに一旦退場し、再度並んで入場する必要があります。3〜5部に参加したので入場列に並ぶのもセキュリティチェックも3回受けたのですが、これがちょっと面倒だなと思いました。仕方ないんですけどね。

まあそれでもトータルではすごく並んだ!という印象はなく、スムーズに参加できました。並ぶのが苦手な人でも問題ないレベルだと思います。

握手できる時間

メンバーと握手できる時間ですが、今回は体感で2〜3秒でした。正直短い!だいたい5〜6秒だという話を聞いていたので余計短えな!と思ってしまいました。

実際には剥がしのスタッフによって変わってくることもあるみたいですので今回は運が悪かったのかもしれません。ただ目の前に本物がいる感動はすごかった!

できるだけ長く握手をするには握手券の「まとめ出し」をするしかありません。握手券は1枚ずつしか使えないことはなく、一度に複数枚使用することもできます。

1枚3秒なら、10枚出せば単純計算で30秒握手ができるわけです。これは嬉しい!その分お金も10倍かかりますが!

一度に長く握手するのか、短い時間だけど何回も行く「ループ」をするのか、このあたりも人それぞれの楽しみ方があります。贅沢言うならどっちもしたいですけどね……。

握手会を楽しむためのポイント

初めて握手会に参加してみて感じたこと、思ったことを挙げておきます。

握手で話すことは決めておく

いざ実際に握手となったとき、あまりのかわいさと感動、時間の短さ等で意外とテンパります。しどろもどろになって結局大したことも話せなかった……となるのはあまりにもったいないです。

ということで「これだけは言う!」みたいなことを決めておくと気持ち的に余裕ができてオススメです。

僕は初めてだったので「ファンになったきっかけ」「応援してる気持ち」を伝えました。が、今振り返るとありきたりすぎてどうなん……と若干反省してます。まあでも楽しく話したり握手ができればOKでしょう!

握手券をどれだけ買うか

これは事前の話になるのですが、握手券をどれだけ買うか、というのも大きなポイントです。予算の兼ね合いもありますが長く握手するなら「まとめ出し」できるよう複数枚買う必要があります。

個人的にはまとめ出しして多少長く握手したいという気持ちになりましたのでもう少し申し込めばよかったと思いました。

各部の時間は1時間30分あるのでメンバー2〜3人なら同じ部でも回せるという印象です。人気メンバーばかりにいくなら1〜2人ですかね。今回4部で2人のメンバーと握手しましたが時間的には余裕がありました。

自分の名前をアピール

僕はしなかったのですが、周りを見ると自分の名前・ハンドルネームを書いた名札を首から下げている人がかなりいました。おそらくですが自分の推しにアピールしているのかなと。もしくは周りの自分と同じようなファンに。

同じメンバーに何回も握手するとなると名前を覚えてもらえるかもしれません。所謂「認知」ですね。乃木坂メンバーに名前覚えてもらう……想像しただけで震えてきます。

同じような感じでメンバーの写真のネックストラップをつけている人も多数いました。こうしたアピールも楽しみのひとつかもしれません。

寒暖差に注意

今回は冬の握手会でしたので防寒対策は必須。入場待機列は外だったので普通に寒いです。ただ握手会会場は室内で暖房も効いていて暖かく、アウターを脱いでも大丈夫なくらいです。

室内と外とを行き来するので寒暖差には注意。温度調整しやすい服装がいいと思います。

個別握手会レポート

参考までに個別握手会初参加のレポートを載せておきます。恥を忍んで載せるので優しい気持ちでお読みください。

寺田蘭世 第3部 握手券1枚
ケンス「初めまして」
蘭世「初めまして〜」
ケ「あの、乃木中のチャッスのくだりが好きすぎてファンになりました」
蘭「え(普通の顔)、ありがとう〜」
剥がし
新内眞衣 第4部 握手券1枚
ケ「こんばんは」
ま「こんばんは!」
ケ「乃木中見てたらシンプルに好きになりました」
ま「え!(ビックリした顔)うそ〜!ありがとう!」
剥がし

うろ覚えですがこんな感じでした。蘭世ちゃんはちょっとフワフワしててお嬢様感めちゃめちゃありましたね。全部で3回握手したんですが、2回目、3回目には「さっき来ましたね」「また来た」(ちょっとずつ言い方がくだけてくる)と仰っていただけたので感無量です。

まいちゅんはさすがBBA……いやお姉さんだけあって大人の対応。終始明るく優しい対応が印象的でした。

まとめ

初めての個別握手会の感想を初心者ファン目線でご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

目の前に乃木坂ちゃんがいる感動たるや、エグいですわ。ほんの一瞬でもテレビでは伝わらない、本物の魅力を感じることができたと思います。メンバー意外と小さい。あと当然かわいい。

個別握手会は思っていたより待ち時間も短く快適に楽しむことができました。申し込みのハードルはありますが、どう考えてもおすすめ。好きなメンバーにリアルに会えちゃうし握手できて会話もできてマジ神イベですわ。

乃木坂ちゃんを好きになったら個別握手会にぜひ一度参加してみてほしいです。

▼乃木坂46のその他の記事はこちら

今さら乃木坂46を超絶好きになったのでハマったきっかけとその魅力を聞いてくれ

乃木坂46のライブに初めて行ってきた!感想や持ち物など楽しみ方まとめ

倍率は?申し込み方法は?乃木坂46の個別握手会に申し込んでみた

【ライブレポート】乃木坂46 西野七瀬 卒業コンサートがたまらなく感動だった

乃木坂46のバースデーライブとは?特徴や持ち物など楽しみ方まとめ

スポンサーリンク

SHARE